商品紹介動画作成の4つのポイント | 映像制作・動画制作ならライズビデオエイティ

商品紹介動画作成の4つのポイント

article
  • TOP
  • コラム
  • 商品紹介動画作成の4つのポイント

商品紹介動画作成の4つのポイント

商品紹介動画は、SNSや動画配信サービスを通して、商品の認知度を高めたり、魅力をアピールしたりするために効果的なマーケティングの1つです。
商品紹介動作を作成する際は、ユーザーの視点に立った見せ方を意識し、ターゲットや目的を明確にすること、コンパクトでわかりやすい演出を心がけることが大切です。

このページでは、商品紹介動画作成における4つのポイントについて、詳しくご紹介いたします。

1. ターゲットと目的を明確にする

商品紹介動画作成で重要なのは、提供者視点ではなく、ユーザーの視点に立った見せ方を意識することです。

たとえば、「まずは商品の認知度を上げたい」場合と、「オンラインショップへ誘導し即購入へつなげたい」場合では、同じ商品の販売促進目的であっても、効果的な動画の見せ方、方向性は大きく異なります。

まずは、「誰に」商品の「何を」アピールしたいのか、「なぜ」商品動画を作成するのかを明確にしましょう。

2. ユーザーにとって適切な動画の長さを見極める

商品紹介動画を作成する際は、伝えたい情報の要点を絞り、コンパクトにまとめることがポイントです。
商品の特徴や機能をだらだらと羅列した冗長な動画は、散漫な印象になり、ユーザーに飽きられてしまいます。

たとえば、商品の認知度を高めるための商品紹介動画であれば、最初の5秒間が重要です。
インパクトのある映像・ナレーション・音楽などで、ユーザーの興味を引きつけましょう。
「短時間でいかに訴求させるか」がカギなので、再生時間は1分以内に収めるのがベストです。

すでに商品を認知している、または商品を手に取ったことがあるユーザーに対しては、もう少し時間をかけて、商品の使用方法や特徴などを紹介します。
商品への理解や信用を高めましょう。
「スマートフォンを片手に商品を試してみる」というシチュエーションを想定し、再生時間は長くても3分以内に収めましょう。

3. 動画の種類・長さで配信先や広告フォーマットを使い分ける

最適な動画の種類や長さは、配信するプラットフォームや広告フォーマットによっても異なります。

1分以内の短い商品紹介動画は、SNSなどのアーンドメディアで配信します。
できるだけ多くの人の目に触れさせて、自社商品への認知度・関心を高めることが目的です。

2〜3分、またはそれ以上の長い動画は、オウンドメディア(自社メディア)で流します。
SNSなどで商品に触れ、関心を持った人に向けて、商品の特長や魅力、使い方のハウ・ツーなどといった、より充実した情報を提供します。
You Tubeの自社アカウントに動画をアップロードし、自社サイトにリンクを設置する方法もよく使われています。

アーンドメディアごとに最適な動画再生時間が異なる

SNSを中心としたアーンドメディアで好まれる動画再生時間は、30秒から1分といわれています。
しかし、配信メディアによってメインのユーザー層はさまざまです。
好まれる動画の長さや見せ方も異なるため、掲載先によって微妙な調整が必要です。

代表的なアーンドメディアごとの好まれる動画再生時間は次のとおりです。

● Instagram:30秒
● Twitter:30〜45秒
● Facebook:1分
● You Tube:2〜3分

4. 適切な情報をわかりやすく提供する

短い時間で商品をアピールするためには、どんなユーザーが見てもわかりやすく、適切な情報を伝えられるような工夫が必要です。

テロップや音声で理解度を高める

商品をより正しく認識してもらうためには、映像にテロップやナレーションを乗せる「言葉による情報補完」がとても効果的です。

テロップやナレーションは、新商品の紹介動画で、正しい商品名を認知してもらうために必ず必要な演出といってもいいです。

テロップを入れることで見やすくなるので、動画を最後まで見てもらうためにも重要でしょう。

効果音や特徴的な動きを入れる

人の興味を惹きつける動画を作るには、メリハリが大切です。
アピールしたい部分に効果音を入れる、特徴的な動きを取り入れるといった工夫を凝らしましょう。

商品紹介動画はユーザー視点で作成することが大切

商品紹介動画を作成する際は、提供者目線ではくユーザー目線での作成プランを立てることが重要です。
なぜ商品紹介動画を作るのかを考えながら、ターゲットを明確にしましょう。
ターゲットを明確にすることで、効果的な商品紹介動画が作れます。

誰が見てもわかりやすく、テロップや効果音を使って、飽きられない長さの動画を作りましょう。

掲載するSNSによって動画の再生時間を調整したり、見せ方に変化をつけることも大切です。