プロモーション動画制作作成の4つのポイント | 映像制作・動画制作ならライズビデオエイティ

プロモーション動画制作作成の4つのポイント

article
  • TOP
  • コラム
  • プロモーション動画制作作成の4つのポイント

プロモーション動画制作作成の4つのポイント

プロモーション動画は、マーケティングにおいて重要な戦略のひとつです。
人を惹きつける宣伝効果の高いプロモーション動画を制作する際の、最初のポイントは、「5W1Hを意識した映像作りを心がける」ことです。

また、商品・サービスのアピールポイントを絞る、音声やテロップ、シーン編集で、わかりやすく印象の残る演出にこだわる、ストーリー性を持たせるといったポイントを押さえることで、映像の訴求力を高めることができます。

今回は、商品・サービスの販売促進にかかせないプロモーション動画制作について、押さえておきたい4つのポイントをご紹介します。

1. 「5W1H」を意識した映像作り

「5W1H」とは、いつ(When)・どこで(Where)・だれが(Who)・なにを(What)・なぜ(Why)・どのように(How)を示す言葉です。

欧米では「Five Ws」と呼ばれ、コンテンツ制作における有用なフレームワークです。

プロモーション動画の作成でも例外ではなく、

● プロモーション動画が「いつ」「どこで」見られるか
● プロモーション動画で、商品の「なにを」伝えたいのか
● 「だれが」「なぜ」その商品・サービスを必要なのか
● 「どのように」利用し、問題解決につなげるのか

を、明確にすることが大切です。

クオリティの高いCGを駆使したり、クリエイティブなプロモーション動画を追求したりするのもいいですが、それだけでは商品・サービスを十分な販売促進にはつながりません。
ターゲットにその商品・サービスが必要な理由を伝えるには、商品・サービスの利用から問題解決へのプロセスを、ストレートに表現する構成・演出が必要です。

2. 商品・サービスのアピールポイントを絞る

プロモーション動画によって、宣伝したい商品やサービスについて、魅力の全てを伝えたいあまり、内容を詰め込みすぎてしまうケースがあります。
これでは情報が多すぎて、散漫な印象になってしまい、肝心なことをターゲットに伝えられません。

上述したとおり、プロモーション動画でアピールすべき点は、商品・サービスを利用した問題解決までのプロセスです。
商品の魅力をひとつひとつ羅列するのではなく、本当に訴求しなければならないポイントに絞って制作しましょう。

3. わかりやすく印象に残る演出にこだわる

短いもので15秒、長くても2分程度がよいとされるプロモーション動画にとって、短い尺でどれだけ見る人の心を掴めるかは、大きな課題です。

商品やサービスに興味を持ってもらうためには、コンパクトにまとめながらも、わかりやすく印象に残る演出が不可欠です。
そのためには、動画の序盤から動画の核心部分に触れ、再生直後からインパクトを与える構成にすることがポイントです。
また、できるだけコンパクトにまとめることで、最後まで飽きずに動画を見てもらえるでしょう。

ナレーションや音楽を効果的に使用する

映像にナレーションやBGMといった音声を乗せることで、より内容をわかりやすく伝えることができます。

冒頭にキャッチーなBGMを入れて興味を惹きつける、印象的なキャッチコピーをナレーションで乗せるなど、記憶に残りやすい演出を心がけましょう。

テロップやシーン切り替えテンポ良く

短い時間で商品・サービスをアピールするためには、「テンポ」が重要です。シーン切り替えやズームアップ、テロップの挿入などで、テンポの良い映像に仕上げることがポイントです。

4. ストーリー性を持たせて見る人を惹きつける

人の興味や、好奇心を刺激するプロモーション動画を作るには、商品・サービスのアピールだけでなく、動画にストーリー性を持たせることが重要です。

ストーリー性と聞くと、難しく聞こえてしまうかもしれません。
動画でアピールしたい商品・サービスを、どういった流れで登場させるかと考えてみると良いでしょう。

「起承転結」を意識したストーリー構成はわかりやすいだけでなく、見る人を惹きつける訴求力の高いプロモーション動画に仕上がるはずです。

興味を引くプロモーション動画制作で商品・サービスを効果的にアピール

プロモーション動画を制作にする際の、ポイントを4つご紹介しました。

動画制作が初めての方でも、4つのポイントをしっかり押さえれば、最後まで飽きることなく見てもらえるプロモーション動画が作れるでしょう。

まずは「5W1H」を明確にし、わかりやすく印象的な演出やストーリー性を意識することが大切です。

訴求ポイントを押さえた映像作りで、商品・サービスの価値をしっかり表現しましょう。